季節の変わり目には京三条駿河屋の和菓子をお召あがりください。

節 句

季節の変わり目に定められた五節句では
その季節の旬の植物から作られた京菓子を食べて生命力をもらいます。
京三条駿河屋では、節句に応じた季節の和菓子をご用意しています。

季節の変わり目に定められた五節句ではその季節の旬の植物から作られた京菓子を食べて生命力をもらいます。京三条駿河屋では、節句に応じた季節の和菓子をご用意しています。

【上巳の節句 3月3日】

上巳の節句 ひな祭りの和菓子

3月日にあたり、桃が咲く時期(旧暦の3月3日)と重なることから
桃の節句とも言われ、桃などの自然の生命力をもらい厄災を祓います。

女の子が産まれて初めての節句を「初節句」と言い
厄除けとなる「桃の花」体から邪気を祓うための「お白酒」「草もち」を食べます。

草もちは、下から順に緑・白・桃色となっていますが
これは、春近い季節になって雪の下の大地には草のみどりが広がり
そこから桃の花が芽吹くという情景を表現しているとも言われています。

3月日にあたり、桃が咲く時期(旧暦の3月3日)と重なることから桃の節句とも言われ、桃などの自然の生命力をもらい厄災を祓います。

女の子が産まれて初めての節句を「初節句」と言い厄除けとなる「桃の花」体から邪気を祓うための「お白酒」「草もち」を食べます。

草もちは、下から順に緑・白・桃色となっていますがこれは、春近い季節になって雪の下の大地には草のみどりが広がりそこから桃の花が芽吹くという情景を表現しているとも言われています。

【端午の節句 5月5日】

端午の節句 子どもの日の和菓子

端午というのは、五月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味です。
牛と五(ご)の音が同じなので、5日(はじめ)を指すようになり
やがて5月5日のこととなったと伝えられています。

奈良時代の日本では季節の変わり目である端午の日に、
厄除けの菖蒲を飾り、蓬(よもぎ)などの薬草を配るなど
病気や災厄をさけるための行事が行われていました。

カシワの葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから
「子孫繁栄(家系が途切れない)」という縁起をかついだものとされています。  

端午というのは、五月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味です。牛と五(ご)の音が同じなので、5日(はじめ)を指すようになりやがて5月5日のこととなったと伝えられています。

奈良時代の日本では季節の変わり目である端午の日に、厄除けの菖蒲を飾り、蓬(よもぎ)などの薬草を配るなど病気や災厄をさけるための行事が行われていました。

カシワの葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから「子孫繁栄(家系が途切れない)」という縁起をかついだものとされています。  

【七夕の節句 7月7日】

七夕の節句 七夕の日の和菓子

古い日本の禊ぎ行事で乙女が着物を織って棚に備え
神様を迎えて秋の豊作を祝ったり、人々のけがれを祓う儀式を「棚織」と言います。

選ばれた乙女は「棚織女(たなばたつめ)」と呼ばれ
川などの清い水辺のある機屋(はたや)にこもって神さまのために心を込めて着物を織る。
その時に使われたのが、「棚織(たなばた)」という織り機でした。

現在、七夕という二文字は「たなばた」と当て字で読んでいるのも
ここから来ていると言われています。

古い日本の禊ぎ行事で乙女が着物を織って棚に備え神様を迎えて秋の豊作を祝ったり、人々のけがれを祓う儀式を「棚織」と言います。

選ばれた乙女は「棚織女(たなばたつめ)」と呼ばれ川などの清い水辺のある機屋(はたや)にこもって神さまのために心を込めて着物を織る。その時に使われたのが、「棚織(たなばた)」という織り機でした。

現在、七夕という二文字は「たなばた」と当て字で読んでいるのもここから来ていると言われています。

【重陽の節句 9月9日】

重陽の節句 重陽の日の和菓子

中国の重日思想から発した「重陽の節句」。
「重日」とは月の数と日の数が同じ数字となる日で
めでたい特別の日付と考えられています。

9が重なることから重陽の節句は「重九(ちょうく)の節句」とも呼ばれます。
重陽の陽は、中国伝来の陰陽説によれば、奇数は陽の数、偶数は陰の数とされ
9は一桁の奇数としては一番大きな数なので
「陽の極まった数」として陽数を代表する数と考えられ
「陽の極まった数の重日」ということで「重陽」となりました。

供物として用いられるのは、秋の豊作を祝い金色に輝く「栗」です。

中国の重日思想から発した「重陽の節句」。「重日」とは月の数と日の数が同じ数字となる日でめでたい特別の日付と考えられています。

9が重なることから重陽の節句は「重九(ちょうく)の節句」とも呼ばれます。重陽の陽は、中国伝来の陰陽説によれば、奇数は陽の数、偶数は陰の数とされ9は一桁の奇数としては一番大きな数なので「陽の極まった数」として陽数を代表する数と考えられ「陽の極まった数の重日」ということで「重陽」となりました。

供物として用いられるのは、秋の豊作を祝い金色に輝く「栗」です。

株式会社 京三条駿河屋

〒604-0835
京都市中京区高宮町
御池通り間之町東入ル
206御池ビル7F-A
TEL:075-222-7233