京三条駿河屋の煉羊羹は初代岡本善右衛門が考案しました

羊 羹

京三条駿河屋の赤い煉羊羹

駿河屋各店の紅い煉羊羹は1589年(天正17年)
鶴屋(駿河屋)の初代岡本善右衛門が考案したもので
豊臣秀吉に献上されました。

京三条駿河屋では、古来の製法・原料にこだわりつつ
最新の技術で美味しさを追求しています。

ひと棹300グラムの紅羊羹・金箔入り羊羹・小倉羊羹と
ひとつ55グラムの一口羊羹を揃えています。

お土産、ギフトにも最適です。

駿河屋各店の紅い煉羊羹は1589年(天正17年)鶴屋(駿河屋)の初代岡本善右衛門が考案したもので豊臣秀吉に献上されました。

京三条駿河屋では、古来の製法・原料にこだわりつつ最新の技術で美味しさを追求しています。

ひと棹300グラムの紅羊羹・金箔入り羊羹・小倉羊羹とひとつ55グラムの一口羊羹を揃えています。

お土産、ギフトにも最適です。

株式会社京三条駿河屋

〒604-0835
京都市中京区高宮町
御池通り間之町東入ル
206御池ビル7F-A
TEL:075-222-7233